ブレンドする場合の相性

インドではスパイスの女王とも呼ばれ、親しまれているのがレモンのような爽やかでスパイシーな香りが魅力のカルダモンです。インドでは3000年以上も前から薬品として使用されており、もっとも古くから使われているスパイスの一つです。カルダモンのオイルとブレンドするときに相性の良い香りは樹木系のものや樹脂系のものです。
                                                                                 

シャープでスパイシーで温かみのある香りのブラックペッパーや、バラに似た甘さにややスパイシーなウッディー調の香りのローズウッドなどは特に相性が良い香りといわれています。主な産地はインドやスリランカ、コスタリカ、グアテマラなどで、ミドルノートで中程度の香りの強さが特徴です。カルダモンの香りには脳を刺激する作用があるので、頭をスッキリとさせて集中したい時などにはおすすめです。そして健康面での効能としては消化促進作用があるので、お腹が張って苦しいときや痛みを感じる時にそれらの症状を和らげる効果が期待できます。その他にデオドラント効果もあるため、体臭が気になるときなどにも使用でます。アロマポットなどを使った芳香浴や、入浴時に使用したり、ヘアケアやトリートメント、スキンケアなどがおすすめの使用方法です。

コメントは受け付けていません。